アピール」カテゴリーアーカイブ

福岡で脱原発運動に参加していたKさんへの起訴に抗議する!

Kさんに対する起訴に抗議する!ただちにKさんを釈放せよ!

 福岡市の保護課職員との面談中のトラブルで逮捕されたKさんが、「傷害」「公務執行妨害」という理由で起訴、勾留を受けているのは不当です。福岡市の保護課はKさんに対する告発を撤回しなさい。福岡地検、福岡県警は、この不当な起訴、勾留をただちに取り消し、Kさんを釈放しなさい。
 私たちは、今回のKさんに対する起訴は、ほんらい福祉行政において解決されなければならなかった問題を、刑事処分にいわば「丸投げ」する形で委ねるという、幾重にもわたる誤りと不正によってなされたものだと考えます。
 まず第一に問われなければならないのは、福岡市の生活保護行政のありかたです。福岡市は、病をかかえ、生活保護を受けていた彼女に対し、適切な調査もないまま一方的に保護を打ち切りました。そして、こうした誤った措置を訂正しないばかりか、再審査の場におけるトラブルを誇張し、体調のわるい当事者を刑事告発までしたのです。
 ほんらい福祉行政は、憲法において保障される「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」に基づくものです。福祉の現場においては、何よりもこうした困難をかかえたひとの人権を擁護し、問題を解決していくための慎重で真摯な取り組みが求められます。困難をかかえた当事者を挑発し、自ら社会的支援を受ける権利を放棄させようとするような行政は、本質的に誤ったものです。そればかりか、刑事告発によって、ほんらい福祉行政により保護されるべき当事者を、獄中に追いやろうとするなどのことは、決して許されるものではありません。
 Kさんはまた、東日本大震災と福島第一原発事故により避難している被災者でもあります。彼女は、その立場から、大飯原発再稼働問題や瓦礫焼却問題などで積極的な行動を続けてきました。今回のKさんに対する逮捕と起訴は、原発事故により生活を破壊された当事者の人権を最悪の形で剥奪するものであり、「生活保護を受けているにもかかわらず、反原発運動をしている」ことを罰しようとしているものにほかなりません。
 今回の問題は、ひとえに、誤った福岡市の行政の責任において引き起こされた事態であり、福岡県警と福岡地検は、告発を受けた段階においても、解決の手段をまずは当事者間の話し合いにこそ委ねる努力をするべきでした。それにもかかわらず、警察はただちにKさんが居住地として指定していた労組事務所を家宅捜索し、今回のトラブルに何のかかわりもないPCなどの物件を押収していったのです。
 これは、きわめて不当な捜査活動であり、このような捜索令状を発した捜査当局と裁判官は、厳しく指弾されねばなりません。生活保護の面談中に起こった個人間の事態の捜査活動において、その場を提供した労組事務所がどうして対象とされねばならないのでしょうか。こうした不当な捜査活動は、これまでも全国でたびたび実施されており、最近は著しくなってきています。公訴権や捜査権を無制限に拡大しようとする検察・警察と、これを無為に追認するだけの裁判所によって、人権がきわめて抑圧されている現実は、許されてはなりません。
 親しい人々との関係の中で、福祉行政の必要なサポートを受けつつ、これまでKさんは活動を続けてきました。福祉行政や担当者の誤った対応、さらにこれを受けた捜査当局や裁判所の悪意によって、彼女が自由を奪われ続けることに、私たちは東京からも強く抗議します。

Kさんの起訴を取り下げよ!Kさんをただちに釈放せよ!

6.16新大久保駅前弾圧救援会
 東京都港区新橋2-8-16 石田ビル5階 救援連絡センター気付


※この事件についての詳細は、以下の団体のサイトをご覧ください。
 福岡市民救援会
   http://blog.livedoor.jp/fukukyuen/
 Kさんを支える会
   http://samadi.cocolog-nifty.com/ksan/

【성명】 A씨가 석방되었습니다! 부당 체포와 차별 배외주의를 용서하지 않다!

6월 16일에 토쿄 신오오쿠보에서 극우 민족 차별 주의자 “재특회”등이 실시했던 차별 배외 데모에 항의해서 부당으로 체포된 A씨가 7월 5일에 석방되었습니다. A씨는 아직 체포시의 폭행으로 받은 타박이나 20일 동안의 옥중생활의 피로가 남아 있지만 석방 후, 건강하게 동지들과 재회했습니다. 지원해 주신 여러분 정말로 감사합니다!

이번 체포에는 너무나 많은 문제가 있습니다.
우선 신오오쿠보의 “재특회”등의 데모가 얼마나 악질인지 누구라도 알고 있는데 항의한 측을 체포하는 것이 언어 도단입니다. 물론 A씨는 체포되지 않으면 안 되는 행위를 전혀 하지 않았습니다. 차별 배외 데모에 너그럽고 차별로 항의하는 측에 엄한 경찰권력, 그리고 일본정부의 정책이 거기에는 표현되고 있습니다.

그리고 체포된 항의자 4명 중, A씨 이외의 3명은 3일 동안으로 석방되었습니다.
게다가 차별 주의자의 체포자 4명조차 12일째까지 모두가 석방되었습니다. 그러나 A씨만은 구류해야 하는 이유도 없는데 20일간도 구류되었습니다. 분명하게 A씨만을 특별히 노린 탄압이었습니다. 수사를 주도한 공안 검사・스즈키 토시히로(鈴木敏宏)와 검찰청을 우리는 절대로 용서하지 않습니다.

감옥에서의 대응도 악질이었습니다. 체포시의 폭행에 의한 다리의 아픔을 호소하는 A씨에 대해 경찰은 2주간 이상, 치료를 거부. 그리고 조사를 거부하는 A씨를 실력으로 연행하려고 했습니다.

그러나 우리는 최대한의 반격을 실시했습니다. A씨는 끝까지 조사를 거부했습니다. 또, 항의 성명에 많은 동찬을 받고 그리고 도쿄 지방 검찰청에의 요청서에도 불과 2일간으로 국내외로부터 409명・40 단체의 동찬을 받았습니다. 이 투쟁 경험과 네트워크가 앞으로의 우리의 재산이 될 것입니다.

차별・배외주의를, 그리고 모든 탄압을 없애기 위해 꼭 앞으로도 협력을 부탁합니다.

2013년 7월 7일  6.16 신오오쿠보 역앞 탄압 구원회
http://antifa616q.info-act.com/

【STATEMENT】MR. A HAS BEEN RELEASED
WE NEVER PARDON THE CRACKDOWN, NOR ALLOW DISCRIMINATION AGAINST FOREIGNERS!

 

We are glad to inform you that after spending 20 days in police custody Mr. A was released without facing prosecution on July 5th. While he feels tired and pain on the bruise he got from the arrest he is in good health. We quite appreciate all the efforts you have made to release him.

There are so many problems involved in the crackdown.

The police arrested not only the racist demonstrators but also the protesters. This reflects the attitude of Japanese government being lenient with racists and right-wing extremists and being strict with protesters against discrimination.

Those arrested on June 16th included Mr. A, who was detained for extended periods while the others were released in 12 days. Obviously he did not anything to get arrested, nor were there grounds for such a lengthy detention. We believe it was harassment and retaliation by the authorities for his execution of constitutional right to remain silent and rejection to submit to interrogation. Both the police and the prosecution relentlessly forced him into confessing, and in some cases
 the Shinjuku Metropolitan Police Station tried to drag him to interrogation room. In addition, the police denied him medical care for his injured ankle for 2 weeks. These facts have highlighted inhumane treatment in the Japan’s pretrial detention system known as “daiyo kangoku” in Japanese.
     
Furthermore, in the court to disclose the grounds for his detention the judge repeatedly said, “we don’t need to answer.”
     
However, in the face of a number of approvals of our statements and the growing outcry against the Japanese authorities the prosecution had to give up to bring this case to court. We would like to express our gratitude for your support and solidarity and we are sure the network we have established through this campaign will be our valuable assets for future struggle against racism and discrimination.

★ 7.31 Rally – The Crackdown and the Future of Shin-Okubo

July 31, Wednesday
   Open 18:00pm 
   Rally starts at 18:30pm
Shibuya Kinro Fukushi Kaikan Hall #1 Room 
(5-minute walk from Shibuya train station) http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kinro.html Panels : Satoshi Ukai, Teacher of Hitotsubashi University Akira Maeda, Teacher of Tokyo Zokei University Mr. A Lawyers

 Campaign Against 6.16 Crackdown at Shin-Okubo

★「黙秘権」「取り調べ拒否」は私たちの権利。妨害も、報復的勾留も許されない!

Aさんを解放しろ! レイシズムを許すな!

Aさんは弾圧初日から一切黙秘し、以降は取り調べに出ること自体を拒否し続けています。「在特会」側の逮捕者も、Aさんと共に弾圧された抗議側の3人も、すでに釈放されています。 Aさんだけ長期勾留されるのは、Aさんの頑張りに対し、検察側が調書を取れずに「メンツを潰された」として報復してきた面が考えられます。実際、警察・検察はAさんに取り調べを受けさせるために房から引きずり出そうとしてきました。

しかし「黙秘権」は憲法で保証された私たちの権利です。密室で圧迫的な取調べを受ける事で、「自白強要→不当な調書が作られる→冤罪が生まれる」危険性が常にあります。そうした状況では、「やましい事がなければ喋れば良い」のではなく、黙秘して一切調書を作らせないのは身を守るための最良の手段の一つなのです。そして取調べを受けなければいけないという義務もありません。運動弾圧の取り調べは、事件と無関係に本人に運動をやめさせるための嫌がらせがほとんどです。思想心情の自由を貫き、取り調べという名の「嫌がらせ」から身を守るためには、取り調べ自体を拒否する事が「最善」なのです。しかし検察や裁判所は、黙秘を暗に長期勾留の理由にすることが増えています。それを許さない声を一緒に上げ、黙秘権を守り、取り調べ拒否を広げていきましょう!

★勾留裁判官がトンズラ─勾留理由開示公判制度の危機─

Aさんを解放しろ! レイシズムを許すな!

6月26日、Aさんの勾留理由開示公判がありました。これは、勾留決定をした裁判官に対しその理由を問いただす裁判です。勾留理由を明らかにさせることで、不当な身柄拘束をさせないことが目的でした。

ところが、Aさんの公判に出てきたのは10日間勾留を決定した裁判官とは全く別人の裁判官だったのです! 同じ資料を読んだから大丈夫と言い放つ別人の裁判官。しかし、なぜ勾留決定をしたかは勾留を決定した裁判官にしかわからないはずです。開示公判の目的を軽視するもので、極めて不当です。別人を出してくるなど、自由を奪われ生活を破壊される勾留の重大さを理解していません!
Aさんが勾留されているのは、裁判官により勾留決定されたからであり、勾留裁判官の責任なのです! 

裁判官は逃げるな!

★ウソだらけの勾留理由─勾留の不当性─

Aさんを解放しろ! レイシズムを許すな!

Aさんの勾留請求は6月18日であり、6月19日に決定が出ています。勾留理由は、①住所不定、②罪証隠滅のおそれ、③逃亡のおそれ、です。しかし、Aさんの自宅は6月19日に家宅捜索が入っています。つまり、検察は住所を知っていたのであり、住所不定は嘘です。

また、Aさんは現行犯逮捕されているので、証拠は本来現場にあります。東京地裁刑事14部は「関係者と口裏合わせをするおそれがある」などといいますが、個人個人が反レイシズムに呼応して集まった抗議行動にAさんもまたその1人として参加したのだから、口裏合わせなどできようはずがありません。 もとよりAさんは無罪であり、現在の生活の全てを捨てて逃亡することなど考えられません。

Aさんの勾留には一切理由がありません。嘘だらけの勾留理由なのです。

★不当すぎる7/5までの勾留延長。Aさんを支援しよう!

Aさんを解放しろ! レイシズムを許すな!

6月16日に不当逮捕されたAさんは翌日から原宿署に移され、10日間勾留されました。そして6月27日、さらに8日間(7月5日まで)の勾留延長がされてしまいました! これほど長期勾留される理由は全くありません。多くの人が仕事を失い、心身や生活を壊されてしまう重大な人権侵害です。絶対に許されません。公安検事鈴木敏宏による勾留請求を絶対許さない!

Aさんはこの間、足首を曲げるとすごく痛いと訴え、救援会としても医療要求を促しました。しかし原宿署は「新宿署の連絡待ちで調整中」などと言い放ち、受診させませんでした。こうした嫌がらせにも屈せず、Aさんは6月26日の「勾留理由開示公判」で感動的な抗議スピーチをしました。みんなでAさんを支援・応援し、起訴を許さず、早期奪還を実現しましょう!

新宿署は取調べ強要をやめろ!原宿署も医療要求を放置する人権侵害をやめろ!

6/21午後、弁護士接見のあと、新宿署による取り調べがありました。Aさんの身柄は原宿署にありますが、取調べは逮捕した新宿署が行っているのです。

原宿署の留置係がきたので、Aさんは取り調べを拒否。再び留置係が来て再び取り調べを拒否。
Aさんが勾留されているのは“勾留する理由がある”というだけであって、取調べを受けなければならない義務は有りません。
黙秘権の行使の重要性を考えれば、取調べの拒否も可能なはずです。

ところが、その後、留置係5人が来て、うち2人はAさんの閉じ込められている房の中に入って取り囲み、「強制はしたくないから行ってくれ」などと言い、取り調べを受けるよう本人に迫りました。

取調べは、新宿署公安2課の2人だったとのこと。どうやら 、公安2課がAさんを取調べ室に連れて来るよう、留置係に強く要請したようです。
すでに、弁護士が留置係に抗議しています。

翌6/22午後にも、取り調べには応じる義務があるなどと事実に反することを言って、執拗に取り調べに連れ出そうとしましたが、Aさんは、拒否の姿勢を貫いています。

また、Aさんは足首を曲げるとすごく痛いと訴え、救援会としても医療要求を促しました。そこで、Aさんは19日に原宿署に対し、病院に連れて行くよう要求しました。しかし連れて行ってもらえず、21日に再度要求すると「新宿署の連絡待ちで調整中」などと言われ、6/22も受診していないとのこと。
原宿署は「新宿署には言っているんだけど」などと言っているそうです。

閉じ込められているAさんが病院に行くには、警察に連れて行ってもらう他に術がないのです。それにもかかわらず、これを放置する新宿署・原宿署は許し難い人権侵害行為を行っています。

救援会として、新宿署による取調べ強要、原宿署も加担する医療要求放置に強く強く抗議します!

Aさんは完全黙秘・取調べ拒否で頑張っています。足以外はとても元気だそうです。

みなさん、Aさんの解放を勝ち取るため、さらなるご注目・ご支援お願い致します。
ともにAさんを取り戻しましょう!

不当な勾留決定・接見禁止決定に抗議する!

6/18 検察がAさんをさらに10日間勾留することを求め、担当裁判官がこれを認め、6/19 勾留決定をしました。これにより、Aさんは6/27まで引続き警察署内にある代用監獄に閉じ込められることになりました。

勾留の理由は、住所不定だから、証拠を隠したり壊したりするおそれがあるから、逃亡するおそれがあるから、です。
しかし、Aさんにこれらの理由は全くありません。

しかも、接見禁止決定までされました。接見禁止とは、弁護士以外は誰とも会うことができなくなるというものです。

検察官と裁判官により、Aさんは13日間もの間閉じ込められ、弁護士以外とも一切会うことすらできない状況にされました。これはAさんの社会生活を破壊する行為であり、本当に許すことができません。

私たちは勾留・接見禁止を請求した東京地検の公安部検察官と、これを認めて決定を下した東京地裁の刑事14部担当裁判官に強く抗議します。

検察はAさんを釈放しろ!

救援会への賛同を訴えます

個人・団体の賛同を集めています。以下のアドレスまで、ぜひ、賛同をお寄せください。メッセージもいただければ幸いです。賛同及びメッセージは、ブログなどで公開させていただきますので、匿名希望の方はその旨お書き添え下さい。

賛同送り先アドレス: antifa616q@aim.com

★Aさんの早期釈放を勝ち取るために、現在複数の弁護士に奔走していただいています。弁護士費用を始め、救援活動のために多くの費用がかかっています。ぜひともご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座:00140-2-750198
(ゆうちょ銀行 〇一九店(ゼロイチキュウ店)店番号 019 当座0750198)
加入者名:みんなのQ
新大久保駅前弾圧救援会カンパなどと明記して下さい
今回の6.16新大久保駅前弾圧へのカンパのお願いは終了いたしました。ご協力いただき、ほんとうにありがとうございました!(2013年7月25日追記)

連絡先:〒105-0004
東京都港区新橋2-8-16 石田ビル5階
救援連絡センター気付