月別アーカイブ: 2013年6月

6/26 勾留理由開示公判 Aさんの意見陳述(要旨)

 新大久保周辺は、コリアンタウンがあり、在日朝鮮韓国の人たちがたくさん住んでいる。その街を、特に今年になってから頻繁に、差別主義者がデモ行進するようになった。「良い朝鮮人も悪い朝鮮人もみんな殺せ」と書いたプラカードを掲げ、「在日朝鮮人は日本から叩き出せ」と怒鳴り散らす、見るにも聞くにも耐えがたいデモだ。こうした暴力・殺意をあおる差別行動は、新大久保以外でも繰り返されてきた。
 6/16は、日曜日ということもあり、大勢の人たちがコリアンタウンを訪れていた。その6/16、差別排外主義者によるデモをもう許さないとの思いから、集まった人もたくさんいた。思い思いのやり方でデモに抗議していた。しかし、抗議した人のうち4人が警察に逮捕された。そのうちの一人が私だ。
 『レイシズム・スタディーズ序説』(*注)には、日本は、レイシズムの博物館のような国で、門地差別・先住民や旧植民地の人・移住労働者に対する差別が日本の近代を貫徹している、とある。野宿者・障害者・ジェンダーなど、差別に抗する社会運動は、常に国家権力から弾圧されてきた。差別によって人々を分断させて支配を続けようとする権力は、差別する側ではなく反差別を訴える側を常に弾圧してきたのだ。弾圧によって運動体を分断し、無力化させ、運動をつぶす。国家権力の体質は、大逆事件で幸徳秋水らがまともな裁判も受けられないまま処刑された100年前から変わっていない!

 私は、6/16に逮捕され、それ以降、26日の今日まで、不当に勾留され続けている。そして、弁護士以外の人との面会を禁じられ、外とのつながりが著しく制限されている。行動の自由はまったくない。
 6/18に検察官による取調べがあり、その検察官による勾留請求を受けて、翌日19日に裁判所が10日間の勾留を決定した。
 検察官の勾留請求を受けた裁判所が勾留を却下するのは、1%以下だという。つまり、検察が勾留請求したら裁判官が機械的に認めてしまい、ほぼ100%勾留決定となるということだ。そして、被疑者を、その日から最長20日もの間、警察の管轄である留置場・代用監獄に閉じ込めてしまう。警察の管轄下だから、警察はやりたい放題に取り調べができてしまう。こうしたシステムが、数々の冤罪の温床となっている。代用監獄は国際的に批判されているにもかかわらず、改善されていない。
 裁判官が決定した私の勾留理由は、私が住所不定であること、罪証を隠滅することを疑うに足りる相当な理由がある、逃亡または逃亡すると疑うに足る相当な理由がある、という3つだった。以下、これらはまったく理由にならないことを述べる。

 住所不定について。裁判官の勾留質問のとき、生年月日・本籍地・氏名が記載されていたのに、現住所欄だけが不定と書かれていた。氏名・生年月日・本籍が特定されているのに現住所がわからないはずはない。さらに、裁判官の勾留質問を受けている6/19に、警察が、私の現住所を家宅捜査している。裁判所が私に「住所不定だ」と言っていたその日、裁判所は現住所地の捜索令状に許可を出していたのだ。裁判官は、私が住所不定ではないと知っていたのであり、裁判官が勾留理由をでっちあげている。
 罪証隠滅の恐れについて。「現行犯逮捕」なのに、証拠をどうやって隠匿することができるのか?その具体的な理由を明らかにしてほしい!
 逃亡の恐れについて。私は早く解放され、いつもの生活に戻りたい。自宅には大切な物がたくさんある。それを放棄して逃亡するなどありえない。

 警察・検察・裁判所が一体となって勾留理由をでっちあげているとしか思えない! 勾留は不当であり、ただちに私を自由にしろ。

(*注)レイシズム・スタディーズ序説(2012年、鵜飼哲、酒井直樹、テッサ・モーリス=スズキ、李孝徳 著、以文社 )

賛同

拘留延長とのこと、許しがたいことです。
司法改悪攻撃との最前線とも言える闘いを担っておられるが故の報復処置でしょう。
はね返していく運動を作るために私も微力を尽くしたいと思います。

宮野吉史
(関西大弾圧救援会・東京の会)

声明賛同

民族から自由になるには、民族による抑圧と対立を乗り越えるしかない。
無政府世界革命を!

北海道自由エスペラント協会
LIBERA ESPERANTO-ASOCIO
en HOKKAJDO

★「黙秘権」「取り調べ拒否」は私たちの権利。妨害も、報復的勾留も許されない!

Aさんを解放しろ! レイシズムを許すな!

Aさんは弾圧初日から一切黙秘し、以降は取り調べに出ること自体を拒否し続けています。「在特会」側の逮捕者も、Aさんと共に弾圧された抗議側の3人も、すでに釈放されています。 Aさんだけ長期勾留されるのは、Aさんの頑張りに対し、検察側が調書を取れずに「メンツを潰された」として報復してきた面が考えられます。実際、警察・検察はAさんに取り調べを受けさせるために房から引きずり出そうとしてきました。

しかし「黙秘権」は憲法で保証された私たちの権利です。密室で圧迫的な取調べを受ける事で、「自白強要→不当な調書が作られる→冤罪が生まれる」危険性が常にあります。そうした状況では、「やましい事がなければ喋れば良い」のではなく、黙秘して一切調書を作らせないのは身を守るための最良の手段の一つなのです。そして取調べを受けなければいけないという義務もありません。運動弾圧の取り調べは、事件と無関係に本人に運動をやめさせるための嫌がらせがほとんどです。思想心情の自由を貫き、取り調べという名の「嫌がらせ」から身を守るためには、取り調べ自体を拒否する事が「最善」なのです。しかし検察や裁判所は、黙秘を暗に長期勾留の理由にすることが増えています。それを許さない声を一緒に上げ、黙秘権を守り、取り調べ拒否を広げていきましょう!

★勾留裁判官がトンズラ─勾留理由開示公判制度の危機─

Aさんを解放しろ! レイシズムを許すな!

6月26日、Aさんの勾留理由開示公判がありました。これは、勾留決定をした裁判官に対しその理由を問いただす裁判です。勾留理由を明らかにさせることで、不当な身柄拘束をさせないことが目的でした。

ところが、Aさんの公判に出てきたのは10日間勾留を決定した裁判官とは全く別人の裁判官だったのです! 同じ資料を読んだから大丈夫と言い放つ別人の裁判官。しかし、なぜ勾留決定をしたかは勾留を決定した裁判官にしかわからないはずです。開示公判の目的を軽視するもので、極めて不当です。別人を出してくるなど、自由を奪われ生活を破壊される勾留の重大さを理解していません!
Aさんが勾留されているのは、裁判官により勾留決定されたからであり、勾留裁判官の責任なのです! 

裁判官は逃げるな!

★ウソだらけの勾留理由─勾留の不当性─

Aさんを解放しろ! レイシズムを許すな!

Aさんの勾留請求は6月18日であり、6月19日に決定が出ています。勾留理由は、①住所不定、②罪証隠滅のおそれ、③逃亡のおそれ、です。しかし、Aさんの自宅は6月19日に家宅捜索が入っています。つまり、検察は住所を知っていたのであり、住所不定は嘘です。

また、Aさんは現行犯逮捕されているので、証拠は本来現場にあります。東京地裁刑事14部は「関係者と口裏合わせをするおそれがある」などといいますが、個人個人が反レイシズムに呼応して集まった抗議行動にAさんもまたその1人として参加したのだから、口裏合わせなどできようはずがありません。 もとよりAさんは無罪であり、現在の生活の全てを捨てて逃亡することなど考えられません。

Aさんの勾留には一切理由がありません。嘘だらけの勾留理由なのです。

★不当すぎる7/5までの勾留延長。Aさんを支援しよう!

Aさんを解放しろ! レイシズムを許すな!

6月16日に不当逮捕されたAさんは翌日から原宿署に移され、10日間勾留されました。そして6月27日、さらに8日間(7月5日まで)の勾留延長がされてしまいました! これほど長期勾留される理由は全くありません。多くの人が仕事を失い、心身や生活を壊されてしまう重大な人権侵害です。絶対に許されません。公安検事鈴木敏宏による勾留請求を絶対許さない!

Aさんはこの間、足首を曲げるとすごく痛いと訴え、救援会としても医療要求を促しました。しかし原宿署は「新宿署の連絡待ちで調整中」などと言い放ち、受診させませんでした。こうした嫌がらせにも屈せず、Aさんは6月26日の「勾留理由開示公判」で感動的な抗議スピーチをしました。みんなでAさんを支援・応援し、起訴を許さず、早期奪還を実現しましょう!

差別に一緒に戦う!!!!

おはようございます!!
韓国の健ちゃんです。

あの時のニュースは韓国でも記事になって見ました。悔しいです。
全ての差別に反対します。
差別をつぶすための戦いに一緒に戦いと思います。
捕まえた仲間が早く無事に帰ることを祈ります。

KenZ