【声明】Aさんが釈放されました 不当逮捕と差別排外主義を許さない!


 

 6月16日に新大久保で「在特会」らの差別排外デモに抗議し、新宿署に不当逮捕されたAさんの解放と不起訴を7月5日に勝ち取りました。Aさんはまだ逮捕時の体の痛みや20日間もの獄中での疲れが残っていますが、元気に仲間と再会しました。お世話になったみなさま、本当にありがとうございました!

 今回の弾圧はあまりに多くの問題があります。まず新大久保の「在特会」らのデモのひどさは周知の通りであり、抗議した側を逮捕するなど言語道断です。もちろんAさんは逮捕されるような事など全くしていません。差別排外デモに甘く差別に抗議する側に厳しい警察権力、ひいては日本国家の政策が現場に表れたのです。

 抗議する側にいて逮捕された4名のうち、3名は3日間で釈放されました。さらに、在特会の逮捕者4名すら12日目までに全員が釈放されたのです。しかしAさんだけは、勾留理由などないのに20日間も勾留されました。明らかに狙い撃ちにされた嫌がらせで、ありえない事です。捜査を主導した公安検事・鈴木敏宏と検察庁は絶対に許されません。

 また監獄や裁判所も責任が強く問われます。担当の新宿署は原宿署と結託し、取り調べを拒否するAさんを部屋から引きずり出そうとしました。巨大留置場を持つ原宿署は「足首が痛い」と通院を求めるAさんを2週間近く放置しました。ともに「代用監獄」の非人道的な本質を露呈させたのです。私たちの原宿署前での激励行動も激しく弾圧してきました。

 そして裁判所は検察の全く不当な勾留請求を認め続け、Aさんを20日間も勾留。6月27日の勾留理由開示公判では何と勾留決定した裁判官がトンズラし、別人が出てきて「つまびらかでない」を乱発するメチャクチャぶり。抗議した傍聴者2名を裁判所外にまで強制退廷させる暴力指揮まで行いました。(詳細:http://antifa616q.info-act.com/?cat=2)

 しかし私たちは出来る限りの最大限の反撃を行い、解放を勝ち取った事が成果です。Aさんは取り調べに出ること自体を最後まで拒否し続け、検事に一切調書を作らせず、裁判持ち込みを断念させました。同時に取調べを強要する代用監獄の不当性も明らかにしたのです。また初期の抗議声明に多くの賛同を頂き、続けて東京地検への抗議要請書にもわずか2日間で国内外から421名・40団体もの連名を頂きました。提出行動も多くの仲間と共に地検に圧力をかけられました。この抵抗とネットワークが私たちの財産になるはずです。

 差別・排外主義もあらゆる弾圧もなくしていくために、ぜひ今後もご協力をお願いします。

2013年7月8日
6.16新大久保駅前弾圧救援会(http://antifa616q.info-act.com/)

 


★弾圧の報告と皆様と今後を考えるための集会を行います。
 ぜひご参加下さい!

flier03

集会ビラ

  7月31日(水)
   18時開場 18時半開始(予定)

場所:渋谷勤労福祉会館・第1洋室
  (JR渋谷駅ハチ公口から徒歩5分  http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kinro.html

 

問題提起・報告:
    鵜飼哲さん(一橋大学)
     「反レイシズムと弾圧」
    前田朗さん(東京造形大学)
     「黙秘と取り調べ拒否の権利」
    逮捕当事者、弁護団、ほか

 

主催:6.16新大久保駅前弾圧救援会(http://antifa616q.info-act.com/
   連絡先:〒105-0004  東京都港区新橋2-8-16 石田ビル5階 救援連絡センター気付